疲労をためない為には

目の疲労を回復

職場や自宅には、当たり前のようにインターネット接続環境が存在し、世の中の急速なIT化が進んでいますが、それに伴う疲労の回復について考えなくてはならなくなってきました。

 

それではどの部分の疲労を回復しなくてはいけないのかということになりますが、インターネットを活用して何か作業をするという場合に、一番使うのは目です。

 

自宅にいる場合には適当なタイミングで休めば良いでしょうが、職場にいる場合にはそういうわけにはいかないものです。

 

そこで目の疲労を回復するために役立つ方法をいくつか挙げていきますので、デスクワークが多いという方は、実践してみる事をお薦めします。

 

目の疲労回復で重要なことは、視線の先を変更したり、目を動かすという事です。

 

まず視線の先についてですが、デスクワークではどうしても近距離を見ていますから、これを遠くに向けるようにします。

 

目を動かす方法としては、上下左右を意識して行うのが良いでしょう。

 

また、タイミングについてですが、あまり長い時間を空けずに、1時間程度の感覚で行うのが良いと言われているのです。

 

目を強く開いたり閉じたりするのも疲労回復には効果が望めるとされています。

 

目の疲労は、放置しておくと頭痛に繋がったり、肩が凝ったりしてきたりと、目だけではなく他にも悪影響を及ぼしますので、できるだけ回復方法を実践することが望まれます。

 

場合によっては、蒸しタオルを使って目の疲労を回復するという方法も有効な回復手段だと言えるでしょう。

 

厳密には蒸しタオルより簡易的なものであっても大丈夫です。

 

どれも手軽に行えるものですが、習慣化しておく事で違いがあらわれてくるのではないでしょうか。

目の疲労を回復関連エントリー


Copyright (C) 2009 疲労を回復する方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

目の疲労を回復

日々蓄積される疲労の回復方法を紹介します