疲労をためない為には

仮眠で疲労を回復

仕事や勉強をしていると、睡眠時間を充分に確保できないような状況に追い込まれ、疲労を上手に回復することができず、反対に蓄積していく事も多いのではないでしょうか。

 

このような時は一心不乱に頑張り続け、乗り切るという選択肢しか無いと思いますか。

 

答えはNoです。

 

睡眠時間を減らしてまでも何か作業をしなくてはいけないような時であっても、睡眠を取り入れた方が良いと言われているのです。

 

少しでも疲労を回復したいと感じている状態では、作業効率が落ちていると考えられるでしょう。

 

それならいっそのこと睡眠を取り入れることによって、疲労の回復を図った方が良いと言えるのではないでしょうか。

 

ただし、睡眠と言っても何時間もとるというわけではありません。

 

仮眠を取り入れることによって、疲労の回復を図るのです。

 

長くても30分程度が適切な睡眠時間だと言われていますので、昼食後など空いた時間に仮眠をとると良いでしょう。

 

また仮眠をとった後は同程度の時間を使って目覚めるのが大切な要素になります。

 

このくらいの時間なら、どんなに忙しくても作り出すことができるのではないでしょうか。

 

少しでも眠ることができれば、肉体的にも精神的にも追い込まれた状態から解放されることが望めるのですから、時間を見つけて実践してみると良いでしょう。

 

また、この時は自宅で睡眠をとる場合のようにはいきませんが、眠ったという事実が大切ですので、自分なりの方法を編み出しておけば上手に仮眠をとることができるでしょう。

仮眠で疲労を回復関連エントリー


Copyright (C) 2009 疲労を回復する方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

仮眠で疲労を回復

日々蓄積される疲労の回復方法を紹介します