疲労をためない為には

筋肉疲労の回復を運動でする

疲労と言っても、身体的なものであったり精神的なものであったりと色々な見方があるのですが、身体的な面をもう少し深く掘り下げると筋肉疲労を挙げることができ、これも回復について考えるべきことと言えるでしょう。

 

筋肉疲労については読んで字の如くの意味があるのですが、筋力トレーニングした後などに感じる疲労のことを指すのです。

 

単純に休めば疲労は回復するのではないかと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、実はそうではない部分も存在しています。

 

それでは何をするのかと言いますと、意外かもしれませんが運動をすることにより筋肉疲労の回復を図るのです。

 

しかも運動といっても実践するのは有酸素運動で、運動後にこれを取り入れることをクールダウンと呼びますので、覚えておくと良いでしょう。

 

このクールダウンをすることによって、疲労が溜まってしまうことを防ぐだけでなく、回復にも効果が望めるということが判っているのです。

 

ただしクールダウンをする際には注意しなければいけないこともあります。

 

それは強度が強すぎても、弱すぎても疲労回復の妨げになってしまうということなのです。

 

時間的にはジョギングなどの有酸素運動を15分くらい続けるのがクールダウンとして適切だと言われているので、実践をする際には意識することが大切だと言えるでしょう。

 

また、筋力トレーニングなどをする前には、ウォームアップをすることも忘れないようにしたいところです。

 

正しい方法で疲労を溜めず、回復することを身に付けましょう。

筋肉疲労の回復を運動でする関連エントリー


Copyright (C) 2009 疲労を回復する方法 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

筋肉疲労の回復を運動でする

日々蓄積される疲労の回復方法を紹介します